単純承認

単純承認とは

相続の世界で単純承認というのは、相続人が被相続人(亡くなった方)の権利義務を無制限かつ無条件に承継することを承認することです。単純承認は、相続人の意思表示ではありますが、相手のいない単独行為とされているので、特に何かをしなければいけないということはありません。つまり、相続人が単純承認の意思を外部に表明しなくても、熟慮期間(相続開始後3ヶ月)が経過すれば、原則的に単純承認とみなされます。

まとめ
何もしなければ単純承認になる

法定単純承認に注意

これに対して、法定単純承認というものがあります。これは、相続人が以下の行為をした場合には、いずれも単純承認をしたとみなされるというものです。

(1)相続財産の全部または一部を処分したとき
例)土地の売却、家屋の取壊し、相続債権の取立てや受領、賃料振込口座の名義変更
(2)限定承認または相続放棄をしないで熟慮期間(相続開始後3ヶ月)を経過したとき
(3)限定承認または相続放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠匿し、自己のために消費し、または悪意で相続財産の目録に記載しなかったとき

法定単純承認に該当するような「処分」というのは、相続人が自己のために相続を開始した事実を知りながら不動産などの相続財産を売却したとか、少なくとも相続人が被相続人の死亡した事実を確実に予想しながらあえてその相続財産を処分したような場合です。

まとめ
相続を知った上での処分は法定単純承認になる

なお、一般常識や社会通念に照らしても相当と認められる程度の葬式費用を遺産から支出した場合や、軽微な形見分け、被相続人(亡くなった方)名義の預金を解約して仏壇や墓石の購入費に充てる行為をしても法定単純承認には該当しないとされています。

まとめ
葬儀費用の支払いなどは単純承認にはならない

しかし、家庭裁判所に相続放棄の申立てをした後であっても、もし、亡くなった被相続人名義の預貯金を自分のために使ったような場合は法定単純承認に該当します。よって、被相続人に多額の借金があるような場合に、法定単純承認に該当するような行為をしてしまうと、たとえ相続放棄をした後であっても、被相続人の権利義務の一切を承認したことになるので、その事実が債権者に知られると、借金の請求を受けることになるので要注意です。

まとめ
相続放棄をした後でも法定単純承認になる

単純承認をすると

単純承認があると、相続人は相続が発生した時から被相続人の一切の権利義務を承継したことになります。これはどういうことかというと、不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金のようなマイナスの財産も一括して相続人に受け継がれるということです。その結果、相続人は受け継いだ借金を相続財産だけでなく、自分の財産でもって返済しなければならないという非常に重い責任を負うことになります。

まとめ
単純承認だとプラスの財産の他に借金も相続する

なお、相続人が複数いる場合、共同相続人は自分の相続分に応じた借金を負担すれば良いのですが、もし、相続財産で借金を支払いきれなければ、自分の財産でもって返済しなければいけません。よって、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が明らかに大きいような場合は、3ヶ月の熟慮期間内に裁判所に相続放棄の申立てをしておくのが安全です。

まとめ
借金の方が多ければ相続放棄すべし

相続放棄代行サービス

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル