名義書換

預貯金や車なども名義変更の対象

被相続人(亡くなった方)が所有していた財産は不動産以外にも色々なものがあります。代表的な遺産の一つに預貯金がありますが、それ以外にも被相続人が自動車、株などの有価証券、ゴルフ会員権、生命保険契約に関する権利などを所有していた場合、相続人名義に変更しなければいけません。

まとめ
相続があったら預貯金も名義変更しなければいけない

戸籍の収集や各種書類の作成が必要

これらの遺産の名義書換をするには、相続関係を明らかにするための戸籍謄本や遺産分割協議書などを提出する必要があります。また、その他の必要書類は届出先によって異なるので、すべての遺産について新たに相続人の名義に変更するのはかなり大変な作業といえます。

まとめ
名義変更をするには戸籍遺産分割協議書が必要になる

銀行口座の解約払戻し、名義書換

銀行の預貯金については、所有者が亡くなると原則的に口座が凍結されます。その後は、預貯金を解約払出しするか、あるいは名義変更するかのいずれかとなります。

①解約払出し

遺産分割協議書や遺言書により、預貯金を相続する方が決まっている場合には、その相続人の口座へ振込あるいはご本人へ支払いがなされますので、他の相続人あるいは相続人代表の方に支払われることはありません。

②名義変更

預金口座を解約せずにそのまま相続人名義に変更して利用します。ただし、そのためには遺産分割協議書でその預金口座を相続される方を決定する必要があります(ただし、戸籍謄本で相続人が1名であることが確認できれば遺産分割協議は不要)。

まとめ
銀行口座の相続は解約払出し名義変更のどちらかを選択する

銀行口座の相続手続きに必要な物

遺言書がない場合における銀行口座の相続手続きに必要なものは以下のとおりです。ただし、各金融機関によって必要書類が異なる場合があります。

  • 各金融機関所定の相続手続依頼書
  • 亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までのすべての戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本
  • 相続人全員の3ヶ月以内の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書
  • 相続放棄申述受理証明書 ※相続放棄をされた方がいる場合
  • 通帳、キャッシュカード
  • 運転免許証等の本人確認書類
まとめ
必要な書類は多少異なるので金融機関に聞くのが一番

生命保険金の受け取り

生命保険が相続手続きの対象になるかは、保険金の受取人がどのように指定されているかで異なります。

① 受取人が相続人以外の第三者に指定されている
この場合、保険金は受取人に指定されている第三者の固有の権利となるので相続財産には含まれません。
② 特定の相続人が受取人に指定されている
この場合、保険金の受取人に指定されているのは特定の相続人ではありますが、保険金の請求権はその相続人の固有の権利となるので、やはり相続財産には含まれません。よって、たとえ遺産分割協議が終わっていなくても、受取人に指定されていた相続人は固有の権利として保険会社に保険金の支払いを請求することができます。
③ 亡くなった方(被相続人)が自分自身を受取人にしている
この場合、保険金の受取請求権は相続財産の対象となります。
まとめ
生命保険の相続では保険金受取人の指定をチェックすべし

料金

3万円~(+実費) ※税抜き
※事案により異なりますので詳しくはお問い合わせください

司法書士報酬以外にかかる実費
  • 戸籍謄本、住民票などの取得費用
  • 郵送費、出張費

依頼した場合の流れ

来所相談
  • 電話、メール等でご予約ください
次へ
必要書類の収集
  • 面倒な戸籍の収集も当事務所がおこないます
次へ
提出書類の作成
  • 当事務所が各届出先に応じた書類を作成します
次へ
各種機関へ提出
  • 当事務所が作成した書類を提出します
次へ
名義書換完了
  • 完了書類一式をお渡しします

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル