自筆証書遺言

基本ルール

法的に自筆証書遺言として認められるためには以下の4つのルールを満たす必要があります。4つのルールの1つでも満たしていないと、原則的に法律上の遺言書としては認められません。つまり、自分で遺言を書いたからといって無条件で自筆証書遺言になるわけではありませんので十分に注意してください

(1)全文を自分で書く
(2)書いた日付を記入する
(3)署名する
(4)押印する

以上の4つのルールをすべて満たして、初めて自筆証書遺言と認められることになります。なお、間違えてしまった場合の訂正方法にも厳格なルールがあるので、もし、書き間違えたら、訂正するのではなく最初から書き直すのが安全です。

まとめ
自筆証書遺言はルールを守って書き、間違えたら一から書き直すこと!

作成手順

自筆証書遺言を作成する場合、下書きもせずにいきなり書こうとしても上手くいかないのが普通です。そこで、自筆証書遺言を書くのであれば、以下のような手順を踏んで作成することをおススメします。

1.必要書類を収集する
次へ
2.文案を作成する
次へ
3.文案を自書して押印する
次へ
4.自書・押印した遺言書をチェックする

自筆証書遺言を作成するのに必ず用意しなければいけない書類はありませんが、スムーズに自筆証書遺言を作成するために、できれば用意しておいた方が望ましいと思われる書類は以下のとおりです。

  • 遺言者の印鑑証明書
  • 不動産の登記事項証明書
    ※法務局で取得します
  • 不動産の固定資産税納税通知書または評価証明書
  • 金融資産の資料
    ※メインバンクの通帳など
  • 貸金庫の資料
    ※銀行名、支店名、番号がわかるもの
  • 遺言執行者の住所、氏名、生年月日、職業が分かるメモ
    ※第三者を遺言執行者に選任する場合
まとめ
上手に自筆証書遺言を作成したいなら下準備を怠るべからず

チェック項目

自筆証書遺言を作成したら必ず最後にチェックしましょう。人間だれしもミスはするものです。苦労してせっかく書いた遺言書に欠陥があり、実は法的要件を満たしていなかったでは泣くに泣けません。また、法的要件は満たしていても軽微なミスがあるかもしれません。そのようなことにならないためにも以下の点をチェックすることをおススメします。なお、ここでは遺言書が2ページ以上になり、その遺言書を封筒に入れて封印したという前提でのチェック項目となります。

  • 「全文」を自書したか
    ※他人が添え手などして補助すると無効になる場合があります
  • 「日付」を記入したか
    ※年月日を正確に記入します
  • 「氏名」を記入したか
    ※戸籍のとおりに記入します
  • 「印」を押したか
    ※認印でも構いませんが、できるだけ実印にしましょう
  • 「契印」を押したか
    ※遺言書が2枚以上になったらホチキスで留めて、つなぎ目に遺言書に押印した同じ印で契印(割印)します
  • 「封筒」も遺言者がすべて自書したか
    ※封筒の表面には「遺言書 在中」、裏面には「開封を禁ずる。この遺言書を遺言者の死後すみやかに家庭裁判所に提出して検認を受けること」等と書き、合わせて日付および氏名を記入しておくと安心です
  • 「遺言書に押印した印」で封印したか
    ※封印がなくても遺言書自体が無効になるわけではありません
  • 「遺言書と同じ日付」を書いたか
    ※封筒の裏面に記入する日付も遺言書と同じ日付にします
まとめ
人間だれしもミスはするので最後は必ずチェックすべし

自筆証書遺言作成サポートの料金

5万円~(+実費) ※税抜き
※事案により異なりますので詳しくはお問い合わせください

司法書士報酬以外にかかる実費
  • 戸籍謄本、印鑑証明書等の手数料
  • 不動産評価証明書の手数料
  • 登記事項証明書の手数料
  • 郵送費、出張費

依頼した場合の流れ

来所相談
  • 電話、メール等でご予約ください
次へ
書類収集
  • 当事務所が戸籍謄本、不動産の登記事項証明書などを取得します
次へ
遺言書の文案作成
  • お客様のご希望に沿った案を作成します
次へ
文案をお客様へ提示
  • お客様の意思が反映されているか確認してもらいます
次へ
お客様が文案を自書して押印
  • お客様が文案に納得されたら自書して押印します
次へ
遺言書の最終チェック
  • 最後にお客様と一緒に遺言書の内容をチェックします
次へ
出来上がり
  • 完成した自筆証書遺言一式をお渡しします

自筆証書遺言の納品リスト

当事務所の自筆証書遺言作成サポートをご利用された場合は、最後に出来上がった遺言書だけをお渡しするわけではありません。なぜなら、遺言書は「残す」のが目的ではなく、「遺言の内容を実行すること」が最大の目的だからです。よって、当事務所では、お客様が書いた遺言書の内容が確実に実行されるように万全を期します。以下に、遺言書と共にお客様に納品するものを挙げておきます。

  • 遺言書の写し
    ※自筆証書遺言の写しを2通取り、遺言者と当事務所が1通ずつ保管します
  • 印鑑証明書の写し
  • 戸籍謄本
  • 相続関係説明図
    ※家系図のようなものです
  • 財産目録
    ※通帳の写し、不動産の登記事項証明書、評価証明書を添付します
  • 筆跡を証明する文書
    ※相続人から筆跡に疑いをかけられた場合に備えて、遺言者が過去1年以内に氏名と日付を記載した文書を遺言書と一緒に保管します
  • ビデオテープ
    ※遺言者が遺言書作成場面を撮影することを希望した場合
  • 遺言執行者の連絡先
    ※第三者を遺言執行者に指名した場合

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル