千葉県遺産相続相談室のブログ

相続分不存在証明書なるものが送られてきた!

亡き父の相続人が兄と姉と弟(自分)の3人である場合に、父と同居していた跡取りの兄から




「相続分不存在証明書」




が送られてきました。



この書面には、




「私は、被相続人から生前に財産の贈与を受けたので、相続分がないことを証明します」




と書いてあり、



これに、署名と実印で押印し、印鑑証明書を添付して送り返す必要があるようです。




兄の指示どおりにしてよいのかどうか???



遺産分割協議 は相続人全員で話し合いをし、全員一致の協議書を作成するのが望ましいです。



ただ、現実には各相続人が一堂に会するのが難しい場合もありますので、上記のような相続分不存在証明書を利用するケースもあります。




今回のケースでは、兄以外の姉と弟(自分)が、この相続分不存在証明書に署名押印し、印鑑証明書を付けて送り返せば、これをもとに不動産を兄の単独名義に変更できます。



しかし、相続人の1人でも納得しない者がいれば、名義変更できません。



よって、兄名義にすることに納得するのであれば署名押印して返送すればいいですが、納得もしていないのに、わけもわからぬままに押印するのは避けるべきです。





女子サッカーW杯で、なでしこジャパンがドイツに勝利し、準決勝に進みました。



完全アウェーの中での勝利は、まさにすごいの一言。



ここまでくればぜひとも優勝してもらいです!








いなげ司法書士・行政書士事務所

【無料相談受付中】お気軽にご相談下さい
電話:
043-203-8336 (平日9:00~18:00)
メール:
メール相談 (24h)

ビックリマーク当事務所が運営するもう一つのブログビックリマーク

債務整理・過払い請求の舞台ウラ  



ビックリマーク事務員はなこのブログビックリマーク

社会福祉士へのミチ☆

千葉県 遺産相続 相談室
いなげ司法書士・行政書士事務所(official)  


キーワード
遺産相続 千葉  債務整理 千葉  過払い金 千葉  

2011年07月11日 (月) | カテゴリ:相続登記 | 固定リンク

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル