千葉県遺産相続相談室のブログ

相続財産の管理と費用

遺産分割協議は相続人全員で行うのが原則ですが、各相続人が遠方に居住しているといった理由で、なかなか話し合いをすることができない場合があります。



そういった場合に、相続財産の管理はどうするのかという問題があります。




たとえば、相続財産の中にアパートがあり、屋根が壊れてその修理が必要になった場合を例に挙げてみます。



まず、相続するのか相続放棄するのかを決めるまでの期間は、故人が亡くなってから3ヶ月間ですが、この間は




「自分の財産と同じ程度の注意で管理をしなければいけない」




と決められています。



よって、アパートの屋根が壊れて雨漏りをしていたりすれば、修理をしておく必要があります。



なぜなら、修理をしないことでアパートの価値が著しく減少すると、もし、自分が相続放棄をした場合、次順位の相続人や故人の債権者などの利益を不当に害し、損害賠償請求をされることもあるからです。



もし、忙しくて自分で管理をすることができないような場合は、家庭裁判所に財産管理人を選んでもらうことができます。




反面、相続することした場合は、上記のような管理義務はありません。



とはいえ、相続財産は相続人の共有となり、相続人全員が共同して管理することになります。




この場合、相続が開始した時点(故人が亡くなった日)から相続人の共有になるので、相続を放棄しないで単純承認するまでの管理費用やその後の管理費用は、共同相続人がその相続分に応じて負担することになります。



現実的には、管理に要した費用は遺産分割 のときに一緒に清算することが多いですが、遺産分割協議の前に相続分に応じた管理費用を各相続人に請求してもOKです。




東日本大震災を機に、電気だけで走る電動二輪車に注目が集まっているそうです。



被災地だけでなく首都圏でも一時的にガソリンが不足したり、価格上昇傾向にあったのが主な理由。



私もバイクは好きなので、電動バイクには興味があります。







いなげ司法書士・行政書士事務所

【無料相談受付中】お気軽にご相談下さい
電話:
043-203-8336 (平日9:00~18:00)
メール:
メール相談 (24h)

ビックリマーク当事務所が運営するもう一つのブログビックリマーク

債務整理・過払い請求の舞台ウラ  



ビックリマーク事務員はなこのブログビックリマーク

社会福祉士へのミチ☆

千葉県 遺産相続 相談室
いなげ司法書士・行政書士事務所(official)  


キーワード
遺産相続 千葉  債務整理 千葉  過払い金 千葉  

2011年05月18日 (水) | カテゴリ:相続全般 | 固定リンク

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル