千葉県遺産相続相談室のブログ

普通養子と特別養子

養子になったA子さん。



養親が亡くなった場合、A子さんがその相続人になるのは当然ですが、生み親が亡くなった場合にも養子になったA子さんは相続人になれるのでしょうか?



この点、A子さんが新たに養親の子になったことで、生みの親の相続人にはなれないと誤解されている方もいますが、A子さんは、




1. 養親の相続人



2. 生みの親の相続人




のいずれの相続人 にもなります。



反面、特別養子になった場合は、生みの親が亡くなっても相続人にはなれません。



なお、「特別養子」の要件は主に以下のとおりです。




1. 養子になる子が6歳未満



2. 養親になる夫婦の双方が20歳以上で、その一方が25歳以上



3. 養子になる両親の同意が必要



4. 家庭裁判所に請求する




つまり、特別養子は、生みの親との親族関係を終了させるので、相続人もなれないということです。




世界の英語力ランキングで日本は14位だそうです。



ちなみに私は英語はさっぱりです。



日本の受験英語では何年勉強しても話せるようにはならないでしょうが、それでも14位とは少し意外ですね。






いなげ司法書士・行政書士事務所

【無料相談受付中】お気軽にご相談下さい
電話:
043-203-8336 (平日9:00~18:00)
メール:
メール相談 (24h)

千葉県 遺産相続 相談室
いなげ司法書士・行政書士事務所(official)  


キーワード
遺産相続 千葉  債務整理 千葉  過払い金 千葉  

2011年04月04日 (月) | カテゴリ:相続全般 | 固定リンク

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル