千葉県の遺産相続相談室
HOME 事務所紹介 リンク集 ご相談・ご質問
 
ブログカテゴリー
アーカイブ
Q&Aメニュー
遺言
遺言の基礎知識
遺言のススメ
遺言作成のテクニック
遺言トラブル
相続
相続税の基礎知識
相続時の遺産分割
相続登記
相続人の範囲と相続分
相続トラブル
ブログ
ご相談・ご質問

無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談・ご質問下さい。
<千葉県にお住まいの方限定>

ブログ

2011年9月 のアーカイブ

登記されていないことの証明書

成年後見制度を利用すると、最終的に




「登記事項証明書」




なるものにその内容が登記されます。




成年後見制度を利用しても、第三者が本人にそのことを聞いてもわかりません。



そのために、法務局に登記しておく必要があるのです。



とはいえ、誰でも法務局に申請すれば取れるといったものではなく、本人のプライバシーを守る観点から、配偶者や四親等内の親族などに限定されています。




なお、この登記制度にはもう一つ別の意味があります。



成年後見制度を利用すると、その内容が登記されますが、成年後見制度を利用していない人は




「登記されていないことの証明書」




を取得することができます。



なぜ、わざわざ、登記されていないことを証明する必要があるのかというと、資格制限がある仕事に就く場合などです。



たとえば、医師・弁護士・司法書士などに登録する場合、登記されていないことが条件となります。




そのため、登録の申請をする際に、この「登記されていないことの証明書」を取る必要があります。



また、これから成年後見の申立てをする際にも、この登記されていないことの証明書が必要になります。



なお、この証明書は東京法務局を始め、各地の法務局で取得することが可能です。





イチローの連続200安打記録が止まりました。



本人も記録の重圧から解放されたようで、意外にも晴れやかな表情だったそうです。



来年から新たな記録を目指して頑張って欲しいですね!








いなげ司法書士・行政書士事務所

【無料相談受付中】お気軽にご相談下さい
電話:
043-203-8336 (平日9:00~18:00)
メール:
メール相談 (24h)

ビックリマーク当事務所が運営するもう一つのブログビックリマーク

債務整理・過払い請求の舞台ウラ  



ビックリマーク事務員はなこのブログビックリマーク

社会福祉士へのミチ☆

千葉県 遺産相続 相談室
いなげ司法書士・行政書士事務所(official)  


キーワード
遺産相続 千葉  債務整理 千葉  過払い金 千葉  

2011年09月30日 (金) | カテゴリ:成年後見 | 固定リンク

トラックバック (0)

ページ上部へ