千葉県遺産相続相談室のブログ

生前贈与で相続税対策

自分が死んだ後、残された配偶者や子供が相続税を支払わないで済むように、生きているうちに生前贈与をしている人が多々いらっしゃいます。

 

 

死後、家族に迷惑かけたくない気持ちはよく分かります。

 

 

でも、安易に生前贈与すると、結果的に支払う税金が高額になることもあります。

 

 

そもそも、相続税を支払う必要のある人はかなり少数です。

 

 

年間死亡者数に対する相続税の課税件数の割合は4%程度です。

 

 

つまり、相続税を課税された被相続人の数は100人中4人くらいなのです。

 

 

この4人の相続人が納付義務者なのです。

 

 

相続税は控除枠が大きいため、資産家が支払う税金とも言えるのです。

 

 

現在では、5000万円に1000万円×法定相続人数を足した金額が基礎控除となります。

 

 

よって、夫婦と子供2人のケースで夫が死亡した場合、8000万円を上回る遺産がない限りは、相続税の対象とはなりません。

 

 

ですので、生活がラクではない人が生前贈与しても相続税対策にはならず、むしろ、登記費用や贈与税のために支払う税金が増えかねません。

 

 

概して言うと、資産家以外は、死後に相続手続きによって名義を変更した方が費用や税金が安く抑えられることが多いのでは、と思います。

 

 

しかし、相続税法が改正され、平成27年から基礎控除が大幅に下げられることになりました。

 

 

具体的には、3000万円に600万円×法定相続人数となったため、上記の例でいえば4800万円以上の遺産がある場合は、相続税が課税される恐れがあります。

 

 

これにより、相続税の課税対象者は100人当たり6人程度まで増加するといわれています。

 

 

特に都心部で不動産をお持ちの方は評価額が高いために、現金等がなくても課税対象になる可能性が出てきます。

 

 

詳しくは、お近くの税理士にご相談されることをおススメします。

2013年02月25日 (月) | カテゴリ:その他 | 固定リンク

ページのTOPへ

ご相談

Twitter

事務所のご案内

いなげ司法書士・行政書士
事務所

〒263-0031
千葉市稲毛区稲毛東3-20-10
エクセル稲毛2F
(JR稲毛駅西口より徒歩1分)

» MAP

姉妹サイトのご案内

  • いなげ司法書士・行政書士事務所
  • 成年後見人制度完全マニュアル